いきなり会社の研修で評価アップする方法!

研修は学校の授業じゃない!

会社の研修というと、なんだが学校の授業のような受身の気分で参加している方が大半ではないでしょうか。

特に新入社員の方、または中途で会社に入ったばかりという方は研修こそ気合いを入れてがんばりましょう!

会社の研修は大きく2つの側面があります。

1.業務上必要な知識を身に付ける

2.参加態度が評価対象になっている

研修の知識をその場で頭に入れるコツ!

1について、知識は後で復習してじっくり身につけよう・・そんな発想の新入社員が多いように思われます。

残念ですが、それは学生の発想です。

あくまで受身のお勉強の発想だからです。

ではどうしたら良いのでしょうか。

それは、「自分が明日研修官を任されたらとしたら?」と想像する事です。

社会人の場合、例えば新商品やサービスの知識など、朝習った事を昼には顧客に説明しなくてはいけない場面も多くあります。

しかし、先輩の社会人がそれを当たり前のようにこなしているのは、「顧客にどう説明しよう」と常にアウトプットを意識しているからなんですね。

その意味で、一番手っ取り早いのが「明日は自分がみんなに研修をする!」くらいの態度で研修に臨むことなんです。

研修態度で評価急上昇!

2についても、1が納得できれば自然に評価はついてきます。

研修担当からすれば、聞き手が100人くらいまでであれば一挙手一投足がわかってしまいます。

むしろ気になってしまうくらいです。

ぼんやり参加している社員と、「この場で知識を身に付けてやる!」という熱気あふれる社員、どちらが評価が高いかはもはや説明不要でしょう。

とにかく、漠然と研修に参加することは本当にもったいないことです。

熱気ある態度で能動的に参加し、社会人としてのスタートダッシュを鮮やかに決めてしまいましょう。

社員研修は会社で働くうえで必要なノウハウの取得などを目的として行われます。研修内容は会社によって異なります。