誰もが持ってるプライバシー、その流出には十分注意が必要!

個人情報はこういうところにある!

ディスクトップパソコンやノートパソコンを遥かに凌ぐコンパクトさを持ったタブレットという最新の端末機械も作れるくらい科学文明は進んでいます。パソコンがまだ普及していなかった頃、端末を持ち歩くなんて想像した人は一人もいなかったでしょう。しかし、現在に至っては全ての人が、コンパクトに携帯できる最新機器を持ち歩いています。個人情報が膨大に詰まったスマホを落としたら、それこそプライバシーの流出となるでしょう。

私物もしっかり管理しなければいけない

自宅に帰れば私物の宝庫ですよね。食器棚の扉、机の引き出し、押入れの中などには、必要なもの不要なものを含めて、様々な持ち物が保管されているはずです。思い出が詰まっているものもあれば、重要な契約書類もあるでしょう。そういった個人の所持品は、間違いなくプライバシーを持った品物だと言えるでしょう。もしも、住宅に泥棒が入ればそういった私物の流出も免れません。自宅の防犯対策をしっかり行うこと、それこそがプライバシー保護の対策になるのかもしれません。

悪質な罠はいくらでもある

電話って非常に便利な発明品ですよね。遠く離れた外国に住んでいる人とも話すことが可能ですからね。言葉が通じれば、電話先の環境や状況だって把握することができます。最先端の技術でネット通信が行われている現代においても、電話は最も手軽な通信手段として私たちの生活に慣れ親しんでいます。でも電話って怖いですよ…相手の表情も見えませんし、向こう側で何をやってるのか全くわかりませんからね。事実、電話による詐欺事件は多いし、電話越しの向こうにいる犯罪者に、うっかり自分の住所や名前を言ってしまうとプライバシーの流出になります。

最新のシュレッダーには紙以外にも、ディスクやUSBやICカードを粉砕できるものがあります。データが含まれているものが簡単に粉砕できると個人情報について安全です。