やりたいことや目的で決めよう!パソコンの選び方

パソコンの種類、デスクトップパソコン

初めてパソコンを購入する時は、利用目的に合った性能を持っているパソコンを選びたいです。パソコンには様々な種類があります。屋内で使うならデスクトップパソコンを選ぶのが良いです。デスクトップはパソコンとモニターが別れているタワー型、パソコンとモニターが1つになっている一体型があります。タワー型の製品は拡張性が高く、モニターが壊れてもパソコンが無事なら、新しいモニターに交換して使えます。また、複数のモニターを取り付けたり、ビデオカードなどのパーツを交換したりできます。一体型の製品はモニターとパソコンが1つになっているので、置くスペースを取りません。また、最初から1つのパソコンとして企画されているので、非常に安定した性能を発揮するのも特徴です。タワー型と違って機能の拡張やモニターの交換が大変です。

パソコンでやりたいことを考えよう

パソコンを購入するからには、やりたいことや目的があるはずです。例えば、動画の編集やゲーム実況をやりたいと考えているなら、CPUとメモリの性能で選びたいです。CPUは人間で言う所の頭脳に例えられることがあります。様々なデータを制御したり、演算したりする重要なパーツです。メモリは作業台に例えられることがあります。作業台が広ければ、それだけ多くの作業を快適に行うことができます。メモリもこれと同じように、性能が高ければデータの処理速度やウェブの表示速度などが向上してやれることが増えます。やりたいことや目的をはっきりさせてパソコン選びましょう。

パソコンとは個人が利用することを目的にに開発されたパーソナル・コンピューターの略称で、単にPCと呼ばれることもあります。