昔に比べて気軽に作れるようになったホームページ

デザインは落ち着いたものが好まれる

ホームページを制作する目的は様々ですが、どのような目的をもっていたとしてもホームページを作成する以上は人から見られるようにしなければなりません。人から見られるためには、デザインがよく面白いホームページをつくる必要があります。また、内容がしっかりしたものをつくることが重要になります。

まず見た目のデザインですが、ホームページ専用ソフトを利用すれば簡単にデザインを決めることができます。自分で1からデザインを決めるのはそれなりの知識がないと難しいですが、すでに出来上がっているデザインを利用するだけであれば難しくはありません。

デザインを決めるに当たり、こだわりなどが出てきますが、見る人の気持ちを考えるとできるだけあっさりしたものがよいでしょう。あまりお勧めできないのは、目が疲れるようなデザインです。例えばページがきらきらして繁華街のネオンのようになっていたり、背景が真っ黒の場合には、見る人が途中で読まなくなってしまいます。いくら文の中身は素晴らしくても、見る人が途中でドロップアウトしてしまっては意味がありません。一番好まれるのはホワイトをベースにしたデザインです。

人は画面の左側に注目しやすい

デザインで一番注目される部分は画面の左上になります。ホームページで一番伝えたいことは画面の左上の方に持っていくとよいでしょう。ただし、極端に左上に置く必要はありません。中心よりもやや左上の方が注目されやすいです。人間は画面を見るときに、アルファベットの「F」のような順番で目が動きます。画面を縦に2等分した場合、左の方が注目されやすいということです。

ホームページ制作はパワーポイントのように素材を貼り付けたり、アクションを付けるだけで作成できる時代になっています。そこで重要なのは作成技術では無く、どういうものを作成するかのアイディアが重要です。