匿名だから大丈夫?ネットの誹謗中傷で警察に捕まることも!

ネットの誹謗中傷はどんな罪になるの?

今や国民の殆どがインターネットに繋がっている時代です。人が集まる所には陰口が付きものとはいえ、世界中の人が見ているところに悪口などを書き込むことは立派な犯罪行為です。ネットの誹謗中傷は2つの罪に当たると考えられています。名誉棄損罪と侮辱罪です。名誉棄損とは刑法230条第1項に定められ「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は 50万円以下の罰金に処する」というものです。侮辱罪とは刑法231条に定められ「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する」という内容です。

ネットで誹謗中傷を受けたらやるべきこと

ネットは匿名だからなんでも出来る、と考えていたら大間違いです。近年ネット犯罪の増加に対応するため、国を挙げての取り組みが強化されています。ネットでの誹謗中傷が企業に莫大な経済損失をもたらすことから、取り締まりも厳重になっています。警察も以前より協力的になってきているため、軽々しい気持ちで中傷行為を行っていると突然警察がやってくるという事態にもなりかねません。ネットの誹謗中傷を受けたら、まずその発信者のIPアドレスを押さえます。感情的になりがちな気持ちをぐっと抑え冷静に対処しましょう。証拠を残すために印刷などをしておくことをお勧めします。IPアドレスを取得するためにはサイト管理者にメールで聞くのが最短ですが、開示に応じない場合は警察経由か裁判によって開示を求めることになるでしょう。IPアドレスが分かったら、警察か裁判所を通して個人を突き止めます。特定できたら裁判や和解による解決を目指すことになります。

サジェスト対策とは検索エンジンで検索した際に、追加で提案されるキーワードについての対策になります。ネガティブなキーワードがサジェストされると、会社やサービスや商品のイメージが悪くなるので要注意です。