時代と共に進化が求められるネットワーク監視

ネットワーク監視は死活監視と遅延監視だけよい?

ネットワーク監視は一般的にはサービスが正しく動作するために、ネットワーク通信が正常に行えているか、レスポンス低下が発生していないかを確認するために行われるのが通例でありましたが、最近はまた別の視点でのネットワーク監視の必要性も強くあげられています。それは、悪意のある通信や不正な通信のセキュリティ視点における監視であります。未知のウイルスやマルウエアの脅威が高まってきている昨今のIT社会において、クライアントのウイルス対策だけでは必ずしも十分であるといえない状況になってきているのが現状であり、ネットワーク上を流れるパケットに潜むウイルスを検知するための監視の必要性も高くなってきています。

セキュリティ視点での監視の必要性

未知のウイルスやマルウエアの脅威が高まってきている現状においては、ネットワーク上におけるマルウエアやウイルスの監視の必要性は非常に高く、ネットワーク監視の中で、このような不正な通信を検知した場合にその通信を自動的に遮断したり、すぐにアラートをあげるようなサービスが一般的になってきています。また、悪意のある通信として、ウイルスやマルウエアでなく不正な人間からアクセスされた通信についての対策も重要視されており、想定していない通信先との通信を検知することでこのような悪意のある通信を検知することが可能になってきています。このようにネットワーク監視はもはや無くてはならないものであり、様々な企業がなんらかの形で検討をしている状況であるといえます。

ネットワーク監視は、ネットがうまく流れているかどうかの監視だけではなく、トラブルが起きる前のセキュリティーやトラブルが起きたときの対応と修復をセットにした対策が必要です。