ネット誹謗中傷の削除要請をする方法とは?

ネット誹謗中傷はインターネットの深刻な犯罪の1つ

インターネットは、すぐにどんなことも検索できるアイテムとして今や世界中の人が利用しています。とても便利なものですが、その分インターネットを使った犯罪なども増えているのも事実です。その中で今深刻な問題はネットによる誹謗中傷です。軽はずみな書き込みで、人を苦しめたり最悪なケースだと会社を倒産させてしまう事態にまで発展してしまいます。ではどんな誹謗中傷の書き込みが多くあるのか、また削除は自分で出来るのかお教えします。

ネット誹謗中傷は犯罪?どうやって削除できる?

まず多いのは、ネット上の掲示板に、特定できる人物にたいして「迷惑な存在」「異性関係がだらしない」などを誹謗中傷する書き込みの場合はネット上の名誉毀損になります。次に、ネット上の掲示板に氏名や年齢、過去の職業歴や勤務状況の様子や住所などの個人情報が書き込みされ、被害者が精神的な苦痛を被っている場合はネット上のプライバシー侵害になります。そんな誹謗中傷の削除要請したいときは法務局で行ってくれます。しかし、被害者が法務局に相談を持ち込み、書き込みが個人攻撃であり名誉を毀損すると認めてもらえる場合に限ります。そして法務局では書込みをされた被害者に対して、サイト管理者に削除要請をする方法を教えてくれますが、自分で削除要請をしてもらうことを原則としています。ただし、書き込みされた被害者が自分で行うことは難しいと判断すれば、代わりに削除要請を行っています。サイトによっては、削除要請を受け入れずさらに面白おかしく記載するところもあり、法務局は被害者がどういう対応をしてもらいたいかよく話し合った上で最終的な判断を決定をしているそうです。

逆SEOとはネットで何か言葉を検索したときに、上位にその言葉に関するページを表示させないように対策を行うことです。