労働安全衛生法で定められたストレスチェックとは!?

そもそも、ストレスチェックって何なの?

ストレスチェックという言葉の意味は何となくイメージが湧くものですが、具体的にはどのような内容なのでしょうか。

その内容を完結にまとめると、「自分自身のストレスがどのような状態にあるのかをチェックする、簡単な検査」を意味しています。

企業の労働者がストレスに関する選択式の質問票に記入し、その結果を分析します。これによって、ストレスの状態を調べるわけですね。

実は、このストレスチェックは労働者が50人以上在籍している事業者に対して、国が実施を義務付けているものです。法律の1つである労働安全衛生法が改正されたことにより、2015年12月から毎年1回、ストレスチェックを実施しなければなりません。

ストレスチェックを行う目的について

では、ストレスチェックは一体何のために行うのでしょうか。

現代社会では、職場の人間関係や毎日の激務により、ストレスを抱えたまま働いている人が少なくありません。

ストレス過多の状態に陥れば、うつ病が発症したり、その他の病気になる危険性も高まります。

これは企業にとっても大きな損失であり、労働者本人にとっても人生を台無しにしてしまう可能性があります。

ストレスチェックはこのような状況を回避するために、事前に労働者のストレス状態を探ることを目的としています。

既にストレスが高い状態にあることが解かれば、上司や同僚がサポートしたり、業務内容を見直すきっかけになります。

さらに危険な状態であれば、心療内科などのドクターに診てもらうこともできるわけです。

労働者一人ひとりを守るためにも、ストレスチェックはしっかり行う必要があると言えるでしょう。

ストレスチェックシステムとは、企業で働く社員たちが精神疾患を患っていないかということを確認し、精神病を予防するシステムです。